「女性に営業は難しい」というイメージを
払拭するくらいに活躍の場を広げたい。

コスメティック事業部

Marina Azemi

畔見 真理彩

2013年入社
営業職
売上達成にしても企画成功にしても、お客様と一緒に喜べるのがウエニ貿易の営業職のやりがいという。「こう話すと安っぽく聞こえてしまうかもしれないですけど、仕事って一人ではなくチームでやるから楽しいんですよね」。現在、コスメティック事業部はフレグランスがメインの商材だが、今後はメイクアップ化粧品にも進出できるよう、いろいろと仕掛けていきたいと抱負を語る。「そのためにも女性ならではの感性を活かし、後輩のみなさんとチームを組んでチャレンジしていきたい」とメッセージを送る。

販売の現場でお客様と接することで、
営業として大きく成長できた。

どのような就職活動をされていましたか?

就職活動では、自分が「具体的にどう働けるのか」を意識していました。最終的に複数社から内定をいただいたのですが、ウエニ貿易だけが唯一、役員の方が一時間ほど社内を案内してくれる時間を設けてくれたんです。

どうでしたか?

それぞれの部署が取り組んでいる業務のことやこれからの展望など、私の拙い質問にも丁寧に答えてくださったので、自分が働く姿を明確にイメージできました。それに役員という立場であっても、各部署の現場がどういう状況にあり、各担当者がどんな苦労を抱えているのかまでをきちんと把握されていることを知り、そのことがウエニ貿易という会社への信頼につながりました。振り返れば、この二つが入社の決め手になったと思います。

入社1年目は、どのようなお仕事を?

フレグランスを扱うチームに配属されて、さまざまな先輩に同行。営業の基礎を学ぶとともに、お客様の新店オープンやリニューアルオープン時の搬入作業などを行いました。先輩や上司に加え、お客様からもいろいろと教えていただけたのはうれしかったですし、とても貴重な経験となりました。販売の現場でお客様と接することで、営業としても大きく成長できたと実感しています。

各社の特性を踏まえたうえでの提案、
売上アップにつながる企画が求められている。

2年目以降は、どのようなお仕事をされていましたか?

一人の営業担当として、予算とともに自分が受け持つお客様を割り振られるのですが、私の場合は入社2〜3年目の2年間に、直営店、専門店、地方エリア、小規模バラエティショップなど、業態の異なるさまざまなお客様を担当しました。同じようにコスメを扱っていても、お客様によって売場面積も異なれば、品揃えや陳列の仕方も違うし、何よりターゲットとなる顧客層が異なります。年間を通してお客様を担当することで、商品の動きはもちろん、現場のことを徐々に理解できるようになりましたね。現場を知れば知るほどに仕事の面白さを実感しはじめてきた時期でしたので、時間を見つけてはいろいろな店舗に足を運んでいました。

4年目から、現在のお客様のご担当に?

はい、大手バラエティショップを担当しています。大手の場合、各社とも一等地に店舗を構え、主だった商品を一通り揃えているうえに、基本的には定価での販売になりますので、ほぼ同じ条件下での熾烈な競争となります。当然、そこに出入りする私たち営業担当者にも、各社の特性を踏まえたうえでの提案、売上アップにつながる企画が求められており、営業としての私の手腕が試されていると日々感じています。

各店舗で行っていたフレグランスの勉強会が、
全国規模での講習会へと拡大していった。

具体的に、どのような営業活動をされているのですか?

例えばA社とは、夏に当社のプライベートブランド『AQUASAVON(アクアシャボン)』の「新商品先行販売」という企画を実現させました。通常であればコスメ売場のみでの取り扱いですが、「先行販売」というプライオリティーを踏まえ、インテリア売場や催事スペースでも新商品を展開し、それぞれを連動させたPRを行いました。各売場ご担当のバイヤーの方々、そして広報の方々とチームを組んでの取り組みでしたが、コスメカテゴリーにおいて売上130%アップという成果に結びつき、お客様と一緒に喜べる仕事ができました。

数字に結びついたのは、営業としてうれしいですよね。

はい、とても。けど、営業の喜びは数字だけではないんですよ。というのもB社では、新店オープンやリニューアルオープンの際、売場スタッフの方々に少しお時間をいただき、当社取り扱い商品のよさを知ってもらうためにと、私が講師役となってフレグランスの勉強会を開いてきたんです。その後、その取り組みが本部の方の耳に入り、「弊社でも毎月、全店舗のスタッフを対象にした研修の場を東日本、西日本でそれぞれ設けているので、そこでフレグランスの講習会を開いてもらえませんか?」と声を掛けていただいたんです。ささやかな取り組みでしたが、それをきちんと評価していただいたばかりか、全国規模で当社商品をPRできる場を設けていただき、営業としてはとてもうれしい出来事でした。

うかがっているとウエニ貿易の営業は、広がりのある、楽しい仕事ですね。

私も日々、そのことを感じています。もちろん、仕事ですから大変な時もあります。「もうムリ!」「もうヤダ!」と、自席でぼやくことも(笑)。でも、そうすると決まって職場の人たちが笑いながら、「よし、じゃあ今夜は飲みに行こう!」と声を掛けてくれるんです。ウエニ貿易は本当に風通しがよくて、上司はどんなに拙い企画内容であったとしても「まずはやってみなよ」と部下の背中を押してくれるし、先輩や同僚も一人ではなくチームで仕事をしていることを実感させてくれます。こうした恵まれた環境にあるからこそ、「女性に営業は難しい」という世間一般のイメージを払拭できるくらい、ウエニ貿易内での女性営業の活躍の場を広げ、リーダーポジションにも挑戦していきたいと思っています。

OFF TIME

韓国へグルメ旅行

当社が輸入代理店を務めるブランドの直営店を担当していたのですが、そのブランドとの契約が切れてしまうことを機に、店舗のスタッフの人たちと「卒業旅行」と称し、3泊4日で韓国に行ってきました。タッカンマリやサムギョプサルなどの美食と、ソジュやマッコリなどのお酒が目当て(笑)。安くて美味しいお店を4人でハシゴしました。出会いに恵まれ、掛け替えのない友人ができるのも、社会に出て働く楽しさだと実感しました。

scroll pagetop